2019年10月28日

リ経研・民介協・一社あからん 3団体共催研修会in博多 ~生き残り戦略~

 生き残り戦略を学ぶ研修会を終えた。
実務担当をしていただいたFさん、Sさん
には、大変御尽力いただいた。
 感謝です。


 今回は、10/26(土)10時~17時まで
3名の講師に実践的な取り組みをお話しいただいた。


 参加者は、40名であった。


 助成金の種類と特性、労務管理の肝、
介護保険外での実践的な取り組みなど、
目からウロコが何枚も落ちた。


 九州各地からセラピスト起業家が集まり
懇親会も大変盛り上がった。


 あらためて次のステップへ這い上がる気力と
勇気をいただいた。


 日々是好日。感謝。






posted by 川本愛一郎 at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

生きづらさについて

 生きづらさを抱えることの背景として
大人の発達障害がある。


 大学卒業し資格も充分取得し知的にも
充分だが、対人関係において共感性や
コミュニケーション力が不十分で、良好な
人間関係が構築できない。


 一次的な発達障害が、年齢を重ねるごとに
不注意、共感性の欠如、こだわり、関心の
偏りなどで、遅刻や対応ミス、仕事の遅滞など
で二次的な心理的不安定に陥り、そこから
抜け出せなくなる。


 本人は、まじめに一所懸命やっているが、
場になじまない言動が、周囲と溝を作っていく。


 頑張ってここまできたのに、意志はあるのに
行動がついてこない・・。


 何とか支えてあげたいが、会社の支えるチカラが
そこまでの余力がない。


 ご縁があって入職したスタッフが、また一人会社を
去っていった。


 残念な想いを抱いた一日だった。
去ったスタッフの今後の人生が輝くように願っている。



posted by 川本愛一郎 at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

危機管理について(台風8号)

 台風8号が宮崎県に上陸し九州を縦断(ななめ横断)
している。


 幸い当社の事業所(熊本県水俣市、鹿児島県出水市
薩摩川内市)では、大きな影響はないようだ。


 台風や大雨など、進路や日時があらかじめ分かっている場合は
危機管理が取りやすい。


 今回の台風8号対策は、昨日の14:30から、内部強化室で
協議・検討。決定した。


 薩摩川内市のデイ2ヶ所は、影響が少ないと判断し「通常営業」とし、
熊本県水俣市、出水市のデイ3ヶ所は、「開始1時間遅延」とした。


 訪問看護、発達支援ルーム2ヶ所は、「通常営業」とした。


 危機管理の要諦は、情報である。刻々と変化する状況を
ネット、テレビ、有線放送などで確認し、対応している。


 安全第一であるが、一日営業を休むと大きな収益減となる。


 安全と収益の「ギリギリ」で判断せざるを得ない。


 私は、「地域リハビリテーション」を「地域ギリギリテーション」と
呼んでいる。


 利用者の活動や参加を重視していくと「転倒リスク」「転落リスク」は増大する。


 いかに、「リスク」と「活動・参加の達成感」のバランスを取っていくか?


 毎日、ギリギリの決断が続く。
その狭間で、生きている。

 
 台風8号の進路にあたる地域の被害が出ないことを祈る。


 日々是好日。感謝




posted by 川本愛一郎 at 09:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする